FJC_line
Home > フィン・ユール >フィン・ユールの家具

フィン・ユールの家具

美しい曲線と考え抜かれた完成美

20世紀中期にあった北欧家具の黄金期。その時期に活躍したデンマークを代表する家具デザイナーであったフィン・ユール。彼の作品の魅力は、美しい曲線とその考え抜かれた完成美にあり、「家具の彫刻家」と呼ばれています。彫刻作品を思わせる彼の作品にみられる独創性は、他に類を見ることはできません。彼の代表作である「No.45」をはじめ数多くの作品を発表し、現在では世界各地の美術館に永久コレクションとして収蔵されています。

Nv.45

「Nv.45」

フィン・ユールの出世作となった「Nv.45」。全体を包み込むなめらかな曲線と、独創的な肘掛けから、「世界一美しいアームを持つ椅子」と称えられました。彼の生前に生産されたものは、デザイン・芸術性だけでなく、現在では入手困難となったブラジリアンローズウッドや良質なチークで作られているものが多く、現在でも高額で取引されるほどです。

「Nv.53」

1953年にデザインされた「Nv.53」。座り心地の良いバケット型のシートと、独創的なアームを持つこの椅子はデンマークのニールス・ボッダー工房が閉鎖されて以降、キタニにて生産され続けています。

Finn Juhl フィン・ユール NV53


高山のフィン・ユール邸でご覧いただける家具

展示

ページTOPへ