FJC_line
Home > フィン・ユール > フィン・ユールの自邸
  • バイオグラフィ
  • フィン・ユールの自邸
  • 自然と共存する建築 フィン・ユール邸

     フィン・ユール邸は、部屋と部屋、部屋と外部空間との関連性に特徴があります。当時としては稀なオープンプランとなっている、リビング・書斎・応接室を兼ねた大きな部屋をメインに、そこから庭へとつながる関連性、 薪ストーブの炎と横の窓越しの景色、ドアからのぞく隣の部屋の配置、どれをとっても十分に練られた構成となっています。特に、外の空間との連続性については、床までの大きな開口部、自然の取り込み方、地面に近い床の高さなど、日本の伝統的住宅や町家に大きな影響を受けているともいえます。

     

     1941年、フィン・ユールはコペンハーゲン郊外のクラットウェンゲに、自邸 を建て始めました。彼はアルネ・ヤコブセンなどの建築家から影響を受けていましたが、「建築物は、まず外装を考えてから内装をはめ込む」という当時の建築の常識に疑問を持っていました。ヤコブセンの建築には、空間の活用が欠けていると考え、自分は逆の方法を取ろうと考えたようです。
     フィン・ユールは、まず理想の内装と空間活用を考案し、それを満たす外装設計を手掛けました。彼の自邸に見る部屋と部屋、部屋と庭がつながり、さらに庭の奥に別の部屋が見える。そんな彼の新しいアイデアが具現化したものこそがフィン・ユールの自邸なのです。

     

     自然と共に生活するための建築様式は、日本もデンマークも同じです。
     フィン・ユール邸に訪れる人々が、くらしの豊かさとは何か、居心地の良さとは何かを感じ取り、上質なデザインに触れる機会を、この高山の地に再現したいと考えています。

     

     

     

    ページTOPへ