FJC_line
Home > フィン・ユール >バイオグラフィー

フィン・ユール(Finn Juhl) 
-デンマーク 1912〜1986-

フィン・ユール

1912年1月30日コペンハーゲン生まれ。
王立芸術アカデミー建築学科で建築家カイ・フィスカー氏に学ぶ。1934年から45年までウィルヘルム・ラウリッツエン設計事務所に勤務。1945年から55年まではフレデリックスベア工業専門学校でインテリアデザインを教える。彫刻家のハンス・アルプやヘンリー・ムーア、エリック・トメセン、そして建築家のエーリック・グンナール・アスプルンド達の影響を受けたその作品は「空間と家具の彫刻家」とも言われる。当時、デンマーク近代家具デザインの父と呼ばれたコーア・クリントが率いる家具界の中にあって、彼は独自のスタイルを貫き通し、世界にデンマーク家具の素晴らしさを知らしめた。
1937年よりスネーカーマスターである名匠ニールス・ヴォッダーの協力で家具職人組合の展示会に出展しデンマーク家具デザイン界において、パイオニア的な役割を果たした。数多くの作品は世界各地の美術館に永久コレクションとして収蔵されている。

ページTOPへ