FJC_line
Home > FJCについて > FJCとは

FJCとは

フィン・ユール・ミュージアムクラブとは

NPO法人フィン・ユール アート・ミュージアムクラブ(以下NPO法人FJC)は、北欧建築や家具を通して、北欧のゆとりある生活文化を学ぼうとする方々で構成されたNPO法人です。その活動拠点として、デンマーク人デザイナーで家具の彫刻家と称えられたフィン・ユールの自宅を飛騨高山に建設し、さまざまなワークショップなどの開催を構想しています。

フィン・ユール邸を建築するプロジェクトを発足するに伴い、NPO法人FJCを設立し、ウィルヘルム・ハンセン財団、デンマーク大使館、東海大学をはじめ、多くの皆さまからのご協力を賜りました。フィン・ユール財団からの建築許可、王立オードロップゴー美術館からの資料提供により、フィン・ユール生誕100年にあたる2012年1月30日、岐阜県高山市にフィン・ユール邸が完成いたしました。


北欧のゆとりある暮らしを学び、 伝える

近年、日本でも人気が高まっている北欧家具。それらの魅力は、何といっても温かくて素朴なところでしょう。それら北欧家具にみられる特徴は、北欧の生活様式や空間作り、小さな雑貨にまで表れています。そして北欧の人々の感性が、日本人のそれととてもよく似ているのも、北欧文化に人気が集まる理由だと思います。

ゆとりある生活を大切にする北欧文化を、多くの方々と共有したい、広く知ってほしいという想いがNPO法人FJCには込められています。デンマーク製品のショップではなく、生活様式や文化を学べる場所は作りたい、そう考える中で北欧を代表するデザイナー、 フィン・ユールの自邸に注目しました。彼は日本の建築様式に感銘を受け、自然とともにゆったり暮らせるデザインを大切にしていたからです。この施設を通して、北欧の文化を学び、さらに改めて日本の文化を再確認する、そんな施設造りを目指しています。

ページTOPへ